シースリーの注目ポイント

シースリーは全身脱毛が超安くて確実

シースリーは追加料金無く、全身脱毛が費用を限りなく抑えた定額料金で出来る事です。

ひと月の定額料金以上は追加で発生しないので、他の脱毛サロンと比べて非常に安く全身脱毛できます。

一般的な脱毛サロンでは、安く体験できますが、いざ本格的に脱毛を始めると追加料金が発生しがちです。シースリーの場合は、何回も回数を重ねないと脱毛出来ない各部位の脱毛を何回でも脱毛できる定額で脱毛できるので安心です。

何回も通って費用が重むか気がかかりなお勧めです。追加費用は一切なく、何度でも安心してください。

脱毛は生え変わる毛のサイクルがあるので、どの部位でも1回の脱毛ではムダ毛が無くなることはありません。脱毛サロンでは通常10回近く通わないといけません。




全身53ヶ所しっかり脱毛

両ワキやVラインは、人目に触れるのでそのような時こそ安全で綺麗に仕上がる脱毛サロンで

他社の脱毛サロンでは全身脱毛でも脱毛箇所は30ヶ所程度です。シースリーは、脱毛箇所が

詳しくはこちら


シースリーで使う脱毛機が他と違う

シースリーでは全店舗で純国産の最高級脱毛器を導入しています。国産なので、日本人女性の特性にあわせて設計されているので、脱毛効果も非常に良く、早く脱毛できます。

詳しくはこちら


店舗移動もOK!引っ越ししても安心

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です




脱毛について

脱毛を考えた際に、脱毛器にするか脱毛サロンにするかどちらがいいのか、迷いますよね。両者ともに良い部分と悪い部分がありますので、一口にどちらがいいとは言えません。両者の良い部分と悪い部分を理解した上で、自分に合っているのはどちらかを考察するといいでしょう。仕上がりの良さにこだわりたいなら、脱毛サロンに通うべきです。

女の人にとっては、月に一回女の子の日がありますが、生理中に脱毛器で脱毛してもいいでしょうか。生理の時はホルモンのバランスが乱れているので、肌がいつもより敏感です。脱毛器を使うことで肌荒れを起こす割合が高くなります。また、生理中は脱毛の効果が下がるということも囁かれているので、大した結果は望めないかもしれません。

脱毛器の中にはデリケートゾーンといわれるところに使うことのできるタイプと使用不可能なタイプがあります。使用不可能なものを無理にデリケートゾーンに使ってしまったら、肌が荒れたり、火傷の原因になるので絶対に使わないでください。デリケートゾーンの脱毛をするなら、しっかりと対応している脱毛器を買うことが大切です。

ミュゼプラチナムは一般的に知られている脱毛サロンとしては最大手です。全国展開しており、店舗の数はトップクラスなので通いやすくて便利です。店舗移動もできますので、ご自身の都合によって予約できます。技術力の高いスタッフが多数いるため、脱毛中も安心です。

毛深いのを何とかしたい場合、永久脱毛もひとつの解決策になります。永久脱毛は医療脱毛なのでどこででもできる訳ではなく脱毛クリニックで施術するもので、エステサロンでは施術してもらえません。なぜかと言えば、永久脱毛は法律で医療行為に該当するからです。そういう事情から、もし、永久脱毛を選択した場合は、脱毛クリニックの中から選んで通うということになります。

基本的には最新型の脱毛器なら肌荒れや火傷等の心配はないでしょう。脱毛器の中でもフラッシュ方式であれば、そのようなことはまずありえないです。けれど、どれほど優れた性能を持つ脱毛器でも使用法を間違えると危険です。特に顔脱毛を行う場合には常に気をつけていましょう。さらに、肌を脱毛の前後に冷やすことで、肌荒れを予め防止しておくことができます。

脱毛サロンにかかる前にムダ毛をなくしておく必要があります。ムダ毛が生えたままで行ってしまうと施術を受けられないケースがあるので注意が必要です。最も肌にやさしいのは電気カミソリ器です。カミソリを使用すると手元が狂った際に、ケガをしてしまいますが、電動シェーバーを使えばそんな失敗もありません。

脱毛器の性能は年々上がっていますが、でも、プロの専門家と業務用の脱毛器には勝てません。さらに、脱毛サロンに行った方が安全性が高く、脱毛も安心です。ちゃんと脱毛したい人や痛がりの人、肌の状態に自信がない人は、脱毛サロンの方が無難かもしれませんね。自宅で手軽に脱毛したいと思う場合は脱毛器を使った方がいいでしょう。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ